カラコンを使ったナチュラルアイメイク

自然なカラコン

男ウケするナチュラルアイメイクにチャレンジしているけどうまくいかない

男性の多くが好むと言われているナチュラルな目元メイクは簡単なようで実はとても難しいですよね。だからこそちゃんと完成した時には喜びもひとしおなのですが、何度やっても上手くいかないという方は実際多いみたいです。もしアイラインやアイシャドウの使い方が難しくてナチュラルな目元メイクができないというのなら、いったんそれは忘れカラコンに頼ったアイメイクにチャレンジしてみては如何でしょう。現在では多くの女性がメイクにカラーコンタクトを取り入れていますし、カラーコンタクトを着用することによって瞳を大きくしたり、目元をステキに彩ることができます。人によってはガッツリアイライナーを引いてアイシャドウもしっかり塗ったうえにデカ目のレンズを装着する方もいますが、これだとナチュラルとは程遠い仕上がりになってしまいます。まずはレンズだけに頼った目元メイクにチャレンジしてみるのもイイかもしれません。

カラーコンタクトをチョイスする際にも注意が必要

あまりにもデカ目を強調するような品だとやはり男性ウケは良くありませんし、派手すぎるカラーのレンズは敬遠されがちです。ナチュラルを目指すのならブラウン色かブラックあたりが無難ではないでしょうか。また、フチのあるタイプはイヤでもデカ目になってしまうことが多いですが、フチなしタイプをチョイスすれば自然な瞳にすることができます。ナチュラルさに拘るのならこうした製品を選ぶことをおススメします。最初にも言ったように、アイラインをガッツリ引いてそのうえアイシャドウもしっかり塗り、更につけまつ毛をつけているような状態でカラーコンタクトを着用するとムダに目元が強調されすぎます。男性のなかにはそうした目元を怖いと感じる方もいますし、引いてしまう方もいますから注意しなくてはなりません。

ピンクのアイメイクで元気な印象に

ピンクアイメイクイメージ

ピンクアイメイクは上級者向け!?

ナチュラルなアイメイクというとどうしてもブラウン色を使うことが多くなりますよね。男性ウケを狙うナチュラルメイクでは多くの場合ブラウンを多用しますし、それ以外のカラーは使うことが少なくなってしまいがちです。でも、やっぱり女性らしいピンクなども使ってみたい、という女性も多いですがピンクはどうしても腫れぼったくなってしまいますし敬遠されがちです。ただ、これもあくまでメイクの技法次第で、やり方によっては健康的で魅力的なナチュラルメイクにすることも可能なんです。上手に使うことができればかわいい印象を相手に与えることができますし、血色が良いイメージで健康的な印象を与えることもできます。ただ、適当に使ってしまうとまるで虫に刺されたか誰かに殴られてしまったかのような感じになってしまいますから、しっかりとメイク方法をマスターしてからチャレンジするようにしましょう。

ピンクメイクのやり方

桃色アイシャドウを選ぶ際にはパール感の強いものをチョイスするとイイかもしれません。また、ベージュ寄りのハイライトが入っていると使いやすいと言われています。ジルスチュアートのベルベットクリスタルアイズやマキアージュのドゥルーアイシャドーなんかは使いやすいのでおススメですね。実際メイクする際には大き目のチップに色をのせてまぶたへ円を描くように塗っていきます。一度で色味がでにくい場合は複数回重ねると良いでしょう。あまり広範囲に渡って塗ってしまうと殴られたようになってしまうので注意。目頭側のまつ毛までにすれば腫れぼったい感じになることもありません。濃いブラウン色をまつ毛のキワに塗ると目元がしっかり引き締まります。ただし、綿棒などでぼやかし過ぎてしまうと目元が締まりませんから注意が必要です。基本的には濃くし過ぎない、範囲を広くし過ぎないというのがポイントです。ここをしっかり押さえておけば魅力的で明るいイメージのナチュラルメイクにすることができるでしょう。

アイライナーの引き方で愛されメイクに

アイライナー引き方

アイメイクに欠かせないアイテムの一つがアイライナー

日頃からしっかりメイクしているという女性ならきっとメイクポーチに一つは入っていると思います。目力を強調したいのならガッツリアイラインを引くことが多いですが、男性ウケするナチュラルなメイクにチャレンジするのならガッツリラインを引くのはご法度です。ナチュラルだけど目力のある魅力的な目元にするにはアイライナーの使い方はもちろん、選び方にも注意しなくてはなりません。特にこれからアイメイクにチャレンジしたいという方ならジェルタイプやリキッドタイプでなくペンシルタイプを選ぶことをおススメします。ペンシルタイプは使いやすいですから初心者にもおススメできますし、慣れてきたらリキッドやジェルタイプに移行すればイイでしょう。肝心のラインの引き方ですが、基本的には目尻から目頭にむかって少しずつ埋めていくことが大切です。失敗してしまう方、濃くなってしまう方の多くは一気に引いてしまう傾向にありますから、少しずつゆっくりと引くことを心がけてみましょう。

アイラインの引き方

アイラインを引く、と言うものの実際には引くではなく埋めるという感覚がピッタリです。引いたようなラインだとどうしても濃くなってしまいますし、強調され過ぎた目元になってしまいます。また、目元のキワギリギリを埋めていくことで自然な仕上がりにすることができますから覚えておきましょう。よりナチュラルな印象を与えたいのならブラックよりもブラウンを選ぶことをおススメします。目頭から目尻までしっかりとラインを引くことができたら最後に目を開けながら若干下方向にぼかすことでたれ目風にすることができます。更にまつ毛のあいだを潰すように引く隠しアイラインでより自然な仕上がりにすることができるでしょう。アイラインを引いたあとは鏡で見え方もチェックすることをおススメします。前や横から、また目を若干閉じた時などどう見えるかをチェックしておきましょう。

ブラウンのアイシャドウを究めよう

ブラウンアイシャドウ

男ウケのするメイクでモテるオンナになりたい

モテたい!と言っても、実際どのようなメイクをすればいいのか分からないという方も多いでしょう。最近ではつけまつ毛やカラコン、濃いアイラインなどアイメイクに力を入れるのがトレンドになっていますが、そもそも目元を強調するというメイクに難色を示す男性は少なくありません。男性が好むメイクというのはあくまでナチュラルなメイクであり、女優で言えば綾瀬はるかさんや仲間ゆきえさんのようなメイクが好まれると言われています。それを踏まえたうえでメイクについて考えると、ブラウンアイシャドウの使い方が鍵を握っていると言えるでしょう。ブラウンのアイシャドウを上手に使うことができればナチュラルなメイクが可能となりますし、目元を強調し過ぎないほどよいメイクが完成します。ブラウン使いの上手な人ほど男性からもモテますし、同性からも支持を得ると言われていますから是非ともブラウンのアイシャドウを上手に使えるようになりたいものです。

ブラウンアイシャドウで自然に

自然なブラウンメイクではシャドウを重ねていく順番が何より大切だと言われています。まず定番の囲み目を作る方法で説明すると、ベースを先に塗り締め色で目のキワと下目尻のキワにくの時になるように乗せてからぼかしていきます。あとはその上に淡い色のシャドウを重ねていき、自然な形でグラデーションを描いていくのです。また、下まぶたを工夫することで男性ウケする愛されメイクにすることができます。下目尻のキワにブラウンのアイシャドウを薄く入れることで自然なたれ目にすることができますし、涙袋にシャドウで影を作ることでぷっくりした魅力的な涙袋にすることができます。オシャレなカラーメイクもイイですが、最初にも言ったように男性はナチュラルなメイクを好むものですから、万人受けするブラウンのアイシャドウメイクも覚えておいて損はありません。就活や職場でなどさまざまなシーンに対応できますからおススメです